myfinderの技術や周辺的活動のblog

2008年12月6日土曜日

Java SE 6でのJDBCドライバ

Java6からはJDBCの記述が楽になった。
今までは

try {
Class.forName("org.apache.derby.jdbc.ClientDriver");
} catch (ClassNotFoundException e) {
e.printStackTrace();
}

とか書かないといけなかったが、Java6からは書かなくてよくなった。

forNameを呼び出していたのは、各JDBCのStatic Initializerを呼ぶ必要があるから行なっていたのだが、Java6用のJDBCドライバからは、META-INF/servicesの中に「java.sql.Driver」というファイルを作成し、そこにJDBCクラスのドライバFQDNを書いておくと自動的に読み込まれるようになったそうで、明示的に書く必要はなくなったとのこと。

0 件のコメント: