myfinderの技術や周辺的活動のblog

2009年6月30日火曜日

ハードディスクをまるっとコピーして引っ越す

ハードディスクが壊れそうになってきたり、もっと大きい容量に乗り換えたい時にやる手として、増設したHDDにデータをcpやらmvやrsyncなんかで移動させたりすることもあるかなと思う。
が、それだと数十GB単位のデータをコピーするときにとんでもねぇ時間がかかったりして、大変非効率的。
そんな時にはddコマンドを使うのがよい。

利点
  1. LinuxでもWindowsでも、この手でHDDをまるっとコピーすることができる。
  2. 容量の大きいHDDにコピーした場合は新たなパーティションとして、空き容量部分を追加できる。
  3. もとのディスクのパーティションがLVMで作られていれば、空き容量部分を利用して、既存の領域を拡張できちゃう。
やり方
空いているPCに、コピー元HDDとコピー先HDDを積んで、以下のコマンド一発でOK。
この場合はsdaがコピー元、sdbがコピー先です。間違えるとカオスなので、絶対に確認してからコマンドを打つべし!

# dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=1024M conv=sync,noerror


処理時間の目安
容量時間
20GB10
80GB40分
160GB80分
250GB2時間
500GB4時間

某社様が、たいそう参考になる資料をUPしてくれています。感謝

補足
経験値的にはPATAだと40GBで30~40分かかります。

0 件のコメント: