myfinderの技術や周辺的活動のblog

2009年7月20日月曜日

Leopardでlocal::libを設定する

CPANモジュールの管理はいろいろ大変で、単にcpanコマンドでインストールしていると管理が行き届かなくなったり、モジュールのバージョン違いを試すのが難しくなったりする。
そこで「local::lib」を使って、ユーザ領域だけのCPAN環境を作ってみた。

0.前提
今回は~/localに環境を作る。
なので事前に「$ mkdir ~/local」などとしてディレクトリを作っておくこと。

1.local::libのインストール
CPANから最新のアーカイブを取得してインストールする。
取得とか解凍は割愛。

$ perl MakeFile.PL --bootstrap=$HOME/local
この「--bootstrap」オプションを指定することで、$HOME/local/lib/perl5にlocal::libが必要とするモジュールが入る。
終了したら「make && make install」してインストールを実行。

2.シェルの設定
必要な環境変数設定を~/.bashrcに追記する。

echo 'eval $(perl -I$HOME/local/lib/perl5 -Mlocal::lib=$HOME/local)' >>~/.bashrc
注意点として、~/.bash_profileから~/.bashrcが呼ばれていない場合は呼ぶように設定を追記しておくこと。
しないと、いつまでたっても環境変数が設定されない。

3.ローカル環境の準備
ここまでできたら、下記のようにすれば環境設定は完了するはず。

$ cpan
> install Bundle::CPAN
ちゃんと完了したかどうか調べるために、何かインストールしてみるとよい。
設定が完了していれば「~/local/lib/perl5/」以下にインストールされているはずである。
さらに気になる人は、下記ワンライナーでローカルの環境が@INCに入っているか確認できる。

$ perl -MData::Dumper -e 'print Dumper @INC'


あわせて読みたい
http://blog.hide-k.net/archives/2009/02/locallibrootcpa.php

0 件のコメント: