myfinderの技術や周辺的活動のblog

2009年9月27日日曜日

Snow LeopardでShipItを使えるようにする

PerlモジュールのリリースツールShipItを勧められたので入れてみた記録。

1.必要なモジュールのインストール
ShipItを使うのに必要なモジュールをインストールする

$ cpan -i ShipIt
$ cpan -i AppConfig::Std
$ wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/B/BR/BRADFITZ/cpan-upload-http-2.4.tar.gz
$ tar zxvf cpan-upload-http-2.4.tar.gz
$ cd cpan-upload-http-2.4
$ perl Makefile.PL
$ make
$ make install
$ cpan -i ShipIt::Step::CommitMessageWrap

2.「~/.pause」ファイルの準備
ホームディレクトリに.pauseファイルを作成

$ vim ~/.pause
$ cat ~/.pause
user xxxxxx
password xxxxxxx
mailto xxxxxxx@xxxxxx.xxx
$ chmod 600 ~/.pause

3.「.shipit」ファイルを用意する
ShipItを利用するには、プロジェクトのトップディレクトリに.shipitファイルが必要。
Module::Setupとかを使っていれば自動的に生成されているので特に気にする必要はない。

4.dry-runオプションで試してみる
いきなり実行するのはよくないので、「--dry-run」をつけて実行して結果を確認する。

5.おわり
ここまでで使えるようになっているはず

0 件のコメント: